JG-01「伝統のグリス」

ホーム > JG-01「伝統のグリス」

一般向けとしてのご要望を受け、発売開始!!

ジュンケイ-グラブ70周年モデルで採用した伝統のグラブグリスを基に、初代 吉田順計の頃に使われていたグリスを現代に再現したJG-01。
「一般向けにも販売してほしい」、というお客様のご要望の声にお応えするために50mlサイズを全国のスポーツ用品店で販売することとなりました。
「ジュンケイのグラブグリスは表からも塗れる。」
製法・品質にこだわってきたジュンケイ-グラブ初代の言葉通り、メンテナンスグリスとして使っていただくグラブグリスです。

「JG-01」は、ジュンケイ-グラブの型の良さと革の良さを生かすため、最近の傾向である「接着剤成分の多いグリス」ではなくグラブの国内生最盛期に使用されていた昔ながらの伝統のグラブグリスを現代に復刻させたものです。
ジュンケイ-グラブの初代からの口伝である「ジュンケイのグリスは、表からも塗ることができる」という考えにスポットを当て、「JG-01」はグラブの表面に塗ることができるメンテナンスグリスとしても研究・開発してきました。単に捕球面の接着剤としての役割にとどまらず、革に浸透させ強度を上げるという役割のため、あえて希少な柔らかいグリス(接着剤の少ないもの)を使用しています。浸透したグリスが「シミ」と見られる場合がありますが、使えば使うほど馴染んでいくポケットに、道具としての野球グラブへのジュンケイのこだわりを感じてください。
ある意味グラブグリスに関しては、回帰ですが、これもまたグラブづくりにおける伝統を引き継ぎ、最善を求めた結果なのです。

junkei glove grease historyジュンケイグラブ グリスの歴史

  • 1946

    吉田順計商店創業。
    野球グラブ製造を始める。

    野球グラブにアタッチメントグリスを採用

  • 2016.01

    2代目誠克から3代目貴夫に代わる

  • 2016.03

    70周年記念モデル「和牛グラブ」を限定発売。
    記念モデルのグラブグリス(保革油)は、初代順計が採用したオイル分が多く接着剤成分の少ないグリスを採用。

  • 2016.10

    『ジュンケイ-グラブのレギュラーオーダーグラブにも、「伝統のグリス」を使用してほしい』という、多くのお客様のご要望に対応するため、復刻版「伝統のグリス」を開発。

  • 2016.12

    多くのお客様のご要望から、一般向け復刻版「伝統のグリス」を販売。

Test result一般財団法人 日本皮革研究所によるJG-01の試験成績Z

 通常のグラブ用革グラブ用革の表面にJG-01を塗って1ヶ月おいたもの
厚さ(mm)2.382.46
引っ張り強さ(MPa)25.330.1
引っ張り時の伸び(%)6165
耐屈曲性
(20℃の温度下で1万回の屈曲)
割れ、ひびなし割れ、ひびなし

interview販売店インタビュー

  • 2016.12.02「ツボイスポーツ」様(JG-01販売店インタビュー)

    単店舗で、年間グラブ5000個を販売する、日本最大級の野球専…
  • 2016.12.02ベースボールマリオ様 「JG-01」販売店インタビュー

    野球用品の中で最も主要な「グラブ」の販売に注力しています。 …