ベースボールマリオ様 「JG-01」販売店インタビュー

野球用品の中で最も主要な「グラブ」の販売に注力しています。
ネット販売も多くなっている中でお客様に実際にグラブを手にはめて良さを感じて頂き、
自分に合った最高のグラブを見つけ出して欲しいという想いを込めて
GLOVE-BULLPEN(グラブブルペン)という名のグラブコーナーを作りました。
インターネットの世界で味わえない雰囲気や匂いをグラブに囲まれた
GLOVE-BULLPENで感じて欲しいと思います!

現在の野球グラブにおけるグラブグリスに対する考え方を教えてください。

現在のグリスの考え方は捕球面革と平裏部の間にある接着剤という印象があり、捕球面の浮きや凹凸を修正するためのモノだという認識です。
またお客様から「捕球面が浮いてきてしまったのでグリスを入れて欲しい」という要望があるように、ユーザー側も同じような認識だと思われます。

写真はベースボールマリオ 澤木様

ジュンケイ-グラブ70th記念モデルでは型の良さと革の良さを生かすため、最近の傾向である「接着剤成分が多いグリス」ではなくグラブの国内生最盛期に使用されていた昔ながらの伝統のグラブグリスを使用しました。70thグラブを手に取られたとき、グリスによる違いから感じられた感想を教えてください。

70thのグラブは和牛革を使用していますが最初に手にした時に
今までの他社の和牛グラブとは違い、しっとり感や手馴染みの良さを感じました。
型付けをした際にも革の張りは残ったまま硬すぎず、柔らかすぎないという
独特の感覚があり、和牛革の特徴を活かした今までにない「耐久性と軽さ」が備わっているグラブだと思います。

ジュンケイ-グラブの初代からの口伝である「ジュンケイ-グラブ」のグリスは、表からも塗ることができるとういう考えにスポットを当て、新しく発売する「伝統のグリス」は「グラブの表面に塗ることのできるグリス」としても研究・開発してきました。表面から塗ってみた感想を教えてください。

非常に伸びが良いので少量でもグラブ全体に塗れるという印象を持ちました。浸透性も良いので「グリス」というイメージではなく従来の「オイル」としての効果も期待できます。
革の摩耗を防ぐ、保革するグリスという昔からある伝統のモノを改めて広めていけるのが素晴らしいことだと感じています。

最近の野球シーンに対して思われること、伝えたい気持ちを教えてください。

野球メーカーと野球専門店とお客様が三位一体となって
野球界全体をさらに発展させて盛り上げていくことが「野球」に対する恩返しだと考えています。その中で良い道具、良いグラブをたくさんのお客様に使って頂いて
少しでも野球が上手くなったり、野球が好きになって頂けたら嬉しいです。