設備へのこだわり

グラブは常に進化し続けているので、

縫製などの作業も従来のミシン等では対応できなくなってきています。

ただ、手に触れるもの、手のように。が理想のグラブ。

人の手と機械との連携により、縫製は強く、

革は手にフィットするように手間ひまかけて丁寧に、一点一点作り上げています。

グラブの進化と共に、設備も進化させ、より良いグラブを作る事をモットーとしています。