硬式グローブと軟式グローブの違い

投稿日: カテゴリー: ブログ

硬式グローブと、軟式グローブ、ジュンケイ産の軟式仕様グローブ、これらの違いをご存知でしょうか?
そもそも軟式グローブ、軟式野球、というのは、日本独自のものです。だから日本のスポーツメーカーが決めたルールで常識のように思われている事があります。

では、硬式グローブと軟式グローブが生まれたルーツをたどっていってみましょう。

・牛が生きている間に、「硬式用の牛」、「軟式用の牛」というのはありません!
→この時点では、まだ違いがありませんね。

・その牛が、皮と肉に分けられる時、大人の牛(成牛・ステア)、子供の牛(キップ、カーフ)という種類に分かれます。
→この時点では、キップやステアと呼び名が変わりますが、硬式、軟式の区別はありません。

・次は、皮をなめす(生成)段階ですが、この時に、原皮の質で、単価が決まってきます。
→高い革、安い革などが決まり、硬さ、柔らかさなども決められます。

・次は、その革を、どのように使ってグローブを作るか、というところです。
→硬式用は、質の良い革、その他の良い(高い)副材料を使う。
→軟式用は、質の悪い革、その他の悪い(安い)副材料を使う。
というのが、一般的な認識だと思いますが、これよりももっと重要な要素があるのです!

・製造メーカーには、「硬式屋」・「軟式屋」・「ミット屋」・さらには「組み立て屋」というのがあるのです。
→「硬式屋」は、硬式グローブを専門に作る工場で、高品質に物を作る体制の工場です。
→「軟式屋」は、軟式グローブを専門に作る工場で、低価格で物を作る体制の工場です。
→「ミット屋」、「組み立て屋」は今回は別の話として省略させていただきます。

ここで、大事なのは、「硬式屋」が作る軟式グローブは、硬式グラブの様にきっちり作られて価格も高いです。
逆に、「軟式屋」で作られる硬式グローブは、革など材料を変えても、軟式グローブのようにしかなりません。
これは、先ほど述べた、工場の体制がそうさせてしまうのです。
だから、「硬式屋」で作る軟式グローブは、品質と価格が高く、「軟式屋」で作る硬式グローブは、品質が悪く、価格が安いのです。

硬式用の高い、安い、または軟式用の高い、安い、というのはこういう経緯があるから出来上がるのです。
軟式グローブを選ぶ時のコツは、その製造工場が、硬式用をメインで作っているところのグローブを選ぶことでしょう。

グローブは、どちらにしても、高い買い物です。
製造背景をしっかり見極めてじっくり選ぶことが、少しでも後悔の無い買い物につながる事と思います。

・・おまけ・・
ジュンケイ‐グラブの軟式グローブは、「軟式仕様」と呼んでいます。それは、作りは硬式と同じで、軟式ボール、軟式野球に合わせたグラブ型の作り方、革の作り方をしているからです。
だから、社会人野球や、トップクラスの軟式野球をしている方には、高い評価を頂いています。

オリジナル硬式・軟式グラブ、ミット、ソフトボール用
 開発・製造・販売 since1946 株式会社JUNKEI-GLOVE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です