ジュンケイ-グラブ、販売店向け「伝統のグラブグリス」を10月21日から発売開始!

投稿日: カテゴリー: ブログ

株式会社JUNKEI-GLOVE(ジュンケイ-グラブ)(本社:奈良県磯城郡三宅町上但馬123、代表取締役:吉田貴夫)は、野球グラブ用グリス「伝統のグリス:JG-01」を2016年10月21日から販売開始いたします。

【ジュンケイ-グラブ 復刻版「伝統のグリス:JG-01」】

■野球グラブ用グリス「伝統のグリス」復刻版開発の背景
ジュンケイグラブは、70年という戦後プロ野球とともに歩んだグラブづくりの歴史を経て、伝統とイノベーションは「和牛グラブ」を生みました。このグラブづくりに使用したグラブグリス(アタッチメントグリス)は、ジュンケイ-グラブの初代「吉田順計」の時代から使用していた、オイル分が多く接着剤成分の少ない革に浸透し易い本来の機能的グリスを用いました。
しかしこの「伝統のグリス」は「70周年記念モデル」の規定ロット数分の分量しか存在せず
『ジュンケイ-グラブのレギュラーオーダーグラブにも、「伝統のグリス」を使用してほしい』
という多くの客様のご要望に対応するため、復刻版「伝統のグリス」を開発しました。
グラブグリスは単に捕球面の接着剤としての役割にとどまらず、革に浸透させ強度を上げるという役割のため、あえて柔らかいグリス(接着剤の少ないもの)としています。
このグリスの開発のより、ジュンケイ-グラブのすべてのオーダーグラブの注文時にグリスの選択が可能になったともに、「伝統のグリス」復刻版をグラブメンテナンスの機会の多い、グラブ販売店向けに販売いたします。

■復刻版「伝統のグリス」の特長
復刻版「伝統のグリス」は、初代「吉田順計」時代にこだわりを持ってグラブづくりに使用してきたグラブグリス(アタッチメントグリス)の復刻版です。
グラブグリスは、ここ数年の傾向としては接着剤の成分が多いものが好まれて使われています。しかしながら、本来のグラブグリスの機能は、グリスを革に浸透させることで、グラブにしなやかさとコシを持たせるというものです。当商品は、オイル分が多く接着剤成分の少ない透し易いグリスで、革にしなやかなコシを持たせます。

■伝統のグリスの概要
名称:「伝統のグリス:JG-01」業務用
容量: 550ml
発売開始日 : 2016年10月21日
URL :http://www.junkei-glove.co.jp/grease/

■今後の展開
全国のスポーツ用品販売店向けに受注・出荷を開始いたします。

■会社概要
商号 : 株式会社 JUNKEI-GLOVE/ジュンケイ - グラブ
(旧 吉田順計商店/ヨシダジュンケイショウテン)
代表者  : 代表取締役社長 吉田 貴夫/ヨシダ タカオ
所在地  : 〒636-0215 奈良県磯城郡三宅町上但馬123
設立   : 2008年2月29日(平成20年)
(吉田順計商店1946年(昭和21年)創業)
事業内容 : 野球グラブ・ミットの製造、開発
資本金  : 1,000万円
URL     :http://www.junkei-glove.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社 JUNKEI-GLOVE/ジュンケイ - グラブ
担当者名:吉田 貴夫
TEL:0745-56-2002
Email:junkeiweb@gmail.com